バイクで行こう!北海道ツーリング

持ち物リスト

ここでは、今回ツーリングに持っていったものを参考までに紹介します。

荷物は最小限に

バイクに乗せられる荷物は限度がある。なるべく少なく済むように工夫しよう。
今回は8泊9日分の荷物だが、途中で洗濯することを前提にそれぞれ4日分の衣類を準備した。
身の回りの物
現金・カード
下着
半袖のTシャツ
長袖のTシャツ
トレーナー
靴下
歯ブラシセット
化粧水
綿棒
シャンプー&リンス
ボディーソープ
爪切り
ヒゲソリ
常備薬
バンドエイド
タオル
ポケットティッシュ
洗濯用洗剤
洗濯用ヒモ
歩きやすい靴
船関連
チケット&乗船票
車検証&自賠責(コピーも持った)
サンダル
着替え
バイク関連
ビニールテープ
布ガムテープ
U字ロック
バンダナ
カッパ
ブーツカバー
レイングローブ
チェーンオイル
工具(車載のもの)
スペアパーツ(クラッチレバー・ブレーキレバー・ステップ)
その他
デジカメ
ゴミ袋(使用済み衣類とか入れられる)
地図
北海道の情報雑誌
北海道の宿本
紙とペン

サンダル?靴?

船の2等にはスリッパが用意されていない。ササッと履ける物があると、ちょっと便利。
また、私はレーシングブーツだったので、夜バイクをホテルに停めた後、街中を歩くときの為に運動靴も持っていった。

夏でもトレーナー?

北海道は気温の変化が激しい。Tシャツにジャケットで充分な時もあれば、日が暮れて冷えてくると、走っててかなり寒い時もある。臨機応変に体温調節ができるものがあると重宝する。

ジャケットは夏用?それとも皮ジャン?

その年の気候によってマチマチ。今年は北海道は例を見ないくらい暑い日が続いたらしく、夏用ジャンパーで充分だった・・・と思ったら、途中から気候が戻り、革ジャンでも良かったかもと思ったので、好き好きです。 夏用にして寒ければ、カッパを着るというのも有効手段。

現金はどれくらい・・?

郵便貯金の口座がある人は念の為にお金をいれておこう

宿・ガソリンは大体はカードが使えることを前提に、1日の食事代・お土産代・飲み物代・観光料金などを考えて算出すると良いだろう。
現金が足りなくなった時の為に、予め郵便貯金の口座にお金を移しておいた。北海道の都市から離れたところでは、都市銀行がある自信がなかったからだ。
でも、今回の旅で利用することはなかった。
▲ページトップ